競馬は確定申告が必要ですが、馬券生活者の多くがしていないのが現状です。

競馬の確定申告について

 

競馬で出した利益は確定申告が必要です。

 

的中馬券で得られる利益は厳密に言えば一時所得となります。

 

一時所得はギャンブルで得た利益の場合年間で9万円までの特別控除がありますので、年間で払い戻しを受けた金額が年間50万円以下の場合は確定申告が不要です。

 

競馬馬券生活者は当然年間90万円以下の利益では生活は成り立ちません。

 

多くの馬券生活者は年間90万円以上を大きく超える利益を出しています。

 

こうした競馬馬券生活者は皆確定申告をしているのか?

答えはNOです。

 

 

競馬場や場外馬券売り場で現金購入した馬券は足がつかない

 

インターネット投票が普及した現在も多くの競馬馬券生活者は競馬場や場外馬券売り場に週末足を運んで馬券を購入しています。

 

自宅からインターネット投票を行う場合でも、充実した馬券予想環境は整っているのですが、わざわざ競馬場や場外馬券売り場に行くのには大きな理由があります。

 

それは確定申告しなくても分からないお金になるからです。

 

インターネット投票や電話投票を利用した場合、派手に利益をあげると、税務署から目をつけられますし、馬券の購入履歴が残ってしまうので、決定的な証拠となってしまいます。

 

それに対して、競馬場や場外馬券売り場で現金で馬券を購入する場合には、購入する際も払い戻しする際も身分証の提示も原則はありません

 

一時所得の確定申告のやり方は、馬券のコピーなども特に必要はなく、しっかり確定申告したい人であれば的中した馬券の購入代金と受け取った払い戻し金の金額のみを控えておけば、よほど大きな金額でない限り簡単に確定申告する事ができます。

 

ですが実際はそこまでやっている人は皆無に等しいというのが現状です。

 

大金を持つ男性

払い戻し金については原則機械で行われますが、100万円を超える的中馬券の払い戻しは、機械対応ができず高額払い戻し窓口で行う必要があります。
この高額払い戻し窓口も原則では身分証の提示はありません。

 

競馬場やWINSなどそれぞれの会場ごとで基準は違うと言われていますが、原則として1千万円以内の払い戻しについては身分証の提示が不要な場合がほとんどです。

 

 

実際に1千万円超えの払い戻しをして身分証を提示した分について、確定申告をしないとすぐに税務署にバレてしまうのか?というのも不透明な部分があります。

 

インターネット投票の場合でも払い戻し金を50万円を1万円でも超えたら必ず確定申告しないと税務署から連絡が来るというものではないようです。

 

派手に利益を上げている場合のみ、税務署が動く傾向もありますので、競馬を始める時はインターネット投票を利用してもよいのですが競馬馬券生活を行えるくらいの成績を出せるのであれば、手間をかけてでも現金で馬券を買える競馬場や場外馬券売り場の利用がオススメです。

 

 

当記事を読んで、競馬の払い戻し金は競馬場などで現金購入すれば確定申告不要と勘違いはしないでください。

 

馬券の払い戻し金は年間90万円を超えた場合は一時所得としての確定申告が必要です。
万が一確定申告を都合により行えばあいは全て自己責任となりますのであしからず。

 

 

 

ハズレ馬券は経費になるの

 

馬券の利益を確定申告する時にハズレ馬券を経費として落とす事ができるのか?

 

これは今大きな注目を集めている内容です。

 

従来はハズレ馬券の経費計上は一切認められてませんでした。

 

例えば、年間で200万円分馬券を購入して100万円の払い戻しを受けていたとします。
この場合、競馬の収支としては年間100万円の損失となるのですが、それでも厳密に言えば100万円分の払い戻し金を受け取った場合は一時所得としての確定申告で課税対象となっているのです。

 

競馬の経費として認められるお金については、的中していた馬券の購入代金のみで、仮に1枚の馬券で馬連を5点1万円ずつ購入してしたとします。

 

この馬券馬券購入価格の合計は5万円ですが、その中で的中している馬券が1点のみであれば経費として認められるのは1万円だけと非常に厳しいルールが存在していました。

 

 

これが2014年大きな転機を迎えるかもしれない裁判が起こりました。

 

競馬ソフトで大きな利益を上げて税務署から追徴課税を請求されていた人が、裁判を起こしてハズレ馬券を経費として認める判決が出たのです。

 

こういった裁判の判決は業界を大きく変える要因となります。

 

有名な例が消費者金融から借金をしていた人が、過払い金利の請求を行い裁判所でそれを認めた判決が出た後は、多くの方が過払い金の払い戻しを行う動きが出た実績などもあります。

 

今後、競馬の確定申告はハズレ馬券を経費で認められるように変化していく可能性があります。
ハズレ馬券を含まなければ競馬馬券生活者でなくてもすぐに到達してしまう金額ですので、競馬を行う全ての人にこの件の動向には注目してもらいたいです。

 

こういったハズレ馬券が経費と認められた判決が出た事実はありますが、現在のルールとしてはハズレ馬券を含まずに払い戻し馬券のみで確定申告を行うのがルールとなっています

 

確定申告される場合は、ルールの基づいて確定申告をするようにしましょう。