競馬情報会社は業界関係者と太いパイプを持ち、極秘の裏情報を仕入れています。

裏情報を手に入れる

 

裏情報とは、競馬新聞やスポーツ新聞など一般的なメディアには出回らない関係者だけが知る情報です。
競馬で大きな利益をあげるには、裏情報が必要で高配当的中を連発している競馬情報会社は業界関係者と太いパイプを持ち、情報入手ルートが豊富という共通点を持っています。

 

関係者が情報を隠す理由

 

調教師や助手など厩舎関係者や、騎手、馬主など陣営は、メディアに対して公開してもいい情報とダメな情報を区別しています。
競馬関係者が情報を非公開にする主な事例は次のものがあります。

 

  • 1番人気濃厚な本命馬だけど、実は調子が悪かったり、次走を見込んだ叩きの1戦で万全の状態ではない
  • 人気薄の馬だが、ちょっとしたキッカケで変身の兆しがあり、抜群の手応えを感じている
  • 前走は大敗して人気を落としそうだが、実は敗因が明確で次走の条件なら実力を出し切れる見込
  • 次走は脚質や手法を変更する予定

 

これらはあくまでも一例ですが、基本的には本命馬が調子の悪いことを隠したり、人気薄の馬が期待できる好材料を隠蔽するものの2種類に分類されます。

 

競馬の競走馬

まず本命馬が調子が悪いのを隠すことについてですが、人気が高い注目馬はファンが多く常に期待されているものです。
陣営がネガティブな発言をすると、クレームが入ったりファンが逃げてしまうリスクがあります。
また、本命馬に推されるほど実力が高い馬は調子が悪くてもポテンシャルだけでレースで勝ってしまうこともよくあります。
陣営が弱気なのに勝ってしまうと、それもそれで陣営に批判が来るため、悪い情報はあえて一般のメディアには発信しないようにしています。

 

人気薄の馬が好材料を隠蔽する理由は余計なマークを受けたくないためです。
一般のメディアに情報が漏れて記事で紹介された場合、ほかの陣営にもバレてしまいます。
競馬はノーマークの方が勝率が高いので、もともと注目をされていない馬は、勝てる見込を得られたとしても、良い情報は隠してレースに望もうとします。

 

裏情報を手に入れれば、情報元の馬の成績だけではなく、レース展開も読めるため、予想全体で役に立ちます。

 

裏情報を手に入れるには競馬情報会社を利用するしかない

 

完全な素人や非関係者の場合、個人が直接裏情報を手に入れるのは困難です。
競馬情報会社はもともと、業界人と太いパイプを持っていて、定期的に接待したり情報を買い取るなどして極秘の裏情報を仕入れています。
情報提供者も一般メディアではなく、高額な情報料を取っている会員制サービスであれば、ライバル陣営に情報が伝わらないと信頼しているものです。
競馬に大負けしない方法としては優良な競馬情報会社に登録することもひとつの手でしょう。

 

個人が裏情報で競馬に勝つには、裏情報を仕入れて情報配信している競馬情報会社を利用するしか方法はありません。

ただし、近年は悪質サイトが乱立状態で、一般人が元業界人の肩書きを偽装して、嘘の情報を配信する詐欺サイトも増えています。
馬券生活するためには、本物の裏情報を仕入れるルートがあるホンモノの優良競馬情報サイトを見つけることが1番の近道です。