初心者は損失を出すリスクが少なく、他の馬券より的中する確率が高い”ワイド”がおススメです。

低リスクの買い方

競馬は、しっかりした見返りをした買い方をすれば全レースで的中させる事は不可能です。
その為、馬券を買う時は少しでもリスクを少なくする工夫が必要です。

 

馬券生活者タカシが特別にリスクを最小限の抑える馬券の買い方を教えてくれました。

 

 

初心者にはワイド1点買いがオススメ

競馬初心者の失敗事例で多いのが、購入点数を広げすぎてしまう事です。
合計で1万円分の馬券を買って的中させても、払戻金が1万円未満になった経験がある方はたくさんいるのではないでしょうか?

 

競馬のリスクを最小限にするには、購入点数を抑えて、的中した時に確実に軍資金の数倍に資産を増やしていく事が必要です。
しかし競馬初心者の方の場合は、ある程度高い的中率を確保して、競馬で予想を的中させる醍醐味を多く味わっていく事も大事です。

 

そこでオススメしたいのがワイド1点買いです。
馬連や馬単、3連単、3連複で幅広く買うよりかは、ワイドで重点勝負をした方が的中しても損失を出すリスクもなくなり、高い的中率も確保できます。

 

 

馬券の組み合わせは脚質も考える

競馬予想は馬の脚質を考える事が必要です。
強い馬や調子が良い馬をピックアップして買い目を出していく事も大切ですが、相手選びの時には脚質を考える事も必要です。
脚質と馬券の組み合わせ方の一例を紹介します。

 

  • 2着、3着の相手探しには逃げ馬を選ばないようにする
  • 前崩れの展開を予想するなら、差し・追い込み勢を優先して相手を選んでいく
  • 追い込み馬はなるべく1着軸に固定しないようにする

 

このように競馬予想をする時は、強い馬や適性が高い馬を優先していく事も大切ですが、相手探しをする場合は脚質も踏まえて穴馬を組み合わせたり、人気上位馬を買い目から外す事も大切です。

 

 

手法は随時試行錯誤しろ

競馬予想には様々な手法やセオリーがあります。

 

例えば、ダートは逃げ馬の単勝だけ買い続ければ儲かる。
このレースは外枠有利のデータがある。
などといった傾向が顕著に現れている事も多数あります。

 

こうしたデータや傾向を参考にする事は大切ですが、同じ手法で一生勝ち続ける事は難しいです。
競馬は常に傾向やデータが変化しているので、勝てる手法や馬券の買い方を見つけた時でも、その方法にずっと頼るのではなく、随時フィードバックや再検証を行って試行錯誤していく事が必要です。

 

つまり、賢い馬券の買い方は、ひとつ覚えで同じ事を繰り返すのではなく、その時の傾向やデータによって馬券の買い方を変化させていく事です。