勝った時に浮かれてしまうのが、馬券生活で失敗する人の共通点です。

勝った後に気を引き締める

 

競馬で勝って浮かれる人達

 

馬券生活で失敗する人の共通点は、勝った時に浮かれてしまうことです。
競馬では時に少額投資で数十万円~数百万円以上の利益が出ることもあります。
しかし、事前にデータ分析した期待値を大きく上回る配当は続くことはなく、長期的に見れば期待収支に限りなく近づいていきます。

 

勝ったときに浮かれて、豪遊をしたり、適切な分析や検証をせずに手法や購入金額を買えてしまうと、どこかで痛い目を見ます。

 

勝った後に浮かれて失敗する事例

 

  • 周囲に食事を奢るったり旅行に出かけるなど、無駄な浪費で豪遊してしまう
  • 高い買い物をする
  • 午前の条件戦で勝ったために、メインの重賞で自分が好きな馬の馬券を期待値関係なしに大量購入してしまう
  • さらに大きな欲が出て、事前計画しているよりも大きな勝負に出てしまう

 

競馬で勝ったときは多少のご褒美も大切ですが、行き過ぎには注意しましょう。
勝ったときほど、気を引き締めて、軍資金を蓄えつつ、計画性ある投資を継続することが求められます。

 

勝ったときもしっかりフィードバックする

 

負けたときの敗因分析は誰でもできるものですが、勝ったときは浮かれてしっかりフィードバックできない方が多いです。

 

勝った時でも、予想が適切で思惑通りの展開でレースが進んでいた必然的な的中なのか、運の要素が強くたまたま高配当の馬券が的中したのか、しっかりフィードバックしましょう。

 

予想精度が確実に向上していることをデータで裏付けできるのであれば、多少は浮かれてもいいのですが、たまたま今回だけ大きく勝てたのであれば気を引き締めて、利益を軍資金のストックに回す必要性が高いです。

 

馬券生活を続けるには、勝っても負けても常にフィードバックや分析を続けて、次回馬券を買うときも適切な期待値の計算と長期的に勝てるという根拠を持てるようにしましょう。

 

また、同じ条件が揃ったレースで、次も同じような結果になるとは限りません。
大勝ちしたレースは印象が強く残るものですが競馬に絶対はないので、1回良い思いをしたからといって、自信を持ちすぎる行為は危険です。

万馬券が当たる確率

 

ただ、競馬は勝った負けたといった経験を積んでいくことは大切です。勝ったレースと負けたレースの共通点を見つけていけば、勝負どころを見極められるようになります。